人で不足で仕事が回らないから辞めたい【改善方法を教えます】

この記事でわかること

  • 人で不足で仕事が回らない時にできること
  • 人手不足になる原因

仕事が終わらず毎日残業で辛い、、、

いつになっても人が補充されない、、、

少しでも今の状況を良くする方法を知りたい、、、

休みの日も仕事をする生活から解放されたい、、、

上記のようなお悩みを解決できる記事をご用意致しました。

筆者

実際に筆者も過去に営業として入った会社は人不足で十分な教育を受けることができず入社2日目から営業に行かされれ、9ヶ月目には後輩の教育、2年目には部署のNO2をやらされるなど散々な経験をしたことがあります。当然、爆発的に業務の量が増えるので毎日早く出勤し、残業や家で仕事をするのも当たり前でした。

今同じような状況で苦労している人は我慢しないで少しでも改善できるように動くべきです。

この記事を最後まで読んでいただければそんなあなたの状況を改善するヒントが見つかるはずです。

人手が足りない原因

人手不足になる原因は大体決まっています。

あなたの会社もきっとこれらのどこかに当てはまっているはずです。

人手が足りない原因
  • 人気のない職種・業界
  • 人を採用する気がない
  • 待遇が悪い
  • 悪い上司がいる

人気のない職種・業界

世の中的に衰退している業界などは人気がなくなる傾向にあります。

当然ですが、伸びている業界と衰退している業界では今後の給与の上がり方も変わってくるでしょう。

あとは不動産や金融なども体育会系や辛いというイメージが先行しているので人が集まりづらい傾向にあります。

また営業職などの1部の職種も辛い、長時間労働というイメージがあるので多くの求職者に避けられる傾向があります。

人を採用する気がない

人を採用するにはコストがかかります。

ダメな経営者の中にはこのコストを気にして人を採用しない企業があります。従業員が疲弊しているにも関わらず一切人を採用しない会社はどんどん人がいなくなる傾向があります。

待遇が悪い

残業が多い、給与が低い、手当がないなどの条件があると人が応募しない傾向にあります。

また、今では簡単にその企業のクチコミがわかるのでいくら面接で取り繕ったところで求職者にはすぐにバレてしまいます。

悪い上司がいる

よく「クラッシャー上司」というのを聞いたことがある人はいると思います。

ある特定の上司につくといつも人が辞めてしまうなどこんな悪い上司がいることによって入社してもしてもやめてしまう原因になります。

人手不足の時にできること

厳しいですが、会社を変えようとしてもほとんど期待できません。

あなたが変わるしかありません。

あなたが変わる方法は限られています。

  • 転職する
  • 収入の柱を増やす

転職する

一番早いのは転職することです。

ただし、ここにはリスクがあって今よりいい仕事に絶対につけるとは限らないということです。

転職する際はプロに相談するのがお勧めです。

収入の柱を増やす

もし、今のあなたに会社員としての収入以外にプラス20万月に収入が入ってきたとしたらあなたは今の仕事を続けるでしょうか?

おそらく続けないと思います。

それならば、収入の柱を作るべきです。

よく「給与以外の収入で1円つくるのがスタート」と言いますが1円であれば誰でもできるのですぐに初めてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。