新人なのに仕事量が多すぎて困ってる人達へ【今の現状を変えるには動くしかない】

新人なのに仕事量が多すぎる、、、

なのん残業は許されない

給与は低い

先輩で新人より仕事量が少ない人がいある

上記のようなお悩みを解決できる記事をご用意いたしました。

かつて筆者も入社1、2年目くらいの時はあまりにも多い仕事を抱えてしまい健康診断で医者から「ダイエットでもした」と言われるくらい痩せた経験があります。

この記事では新人なのに仕事量が多すぎて悩んでいる人に原因と解決策をご紹介します。

新人の仕事量が多くなってしまう原因

仕事量について悩む新人はたくさんいます。

仕事量が多すぎて困っています…今年入社した新入社員です。 女性はあまり昇進しない&給料も低い分、仕事も少ない、残業もあまりないと聞き、入社した面もあるのですが、いざ入社してみると残業や仕事量が多すぎます。

https://jobcatalog.yahoo.co.jp/qa/list/10165022815/

新人の仕事量が多くなる原因は以下の4つが考えられます。

上司が無能

組織の問題

生産性が低い

仕事ができる

上司が無能

上司が無能な場合、新人の仕事が多くなる場合があります。

部長や課長あたりの管理職になれば社長などと意見をかわす機会があることが多いです。

しかし、無能な管理職は社長や専務など上の人からの指示を下に押し付けるだけで、下からの意見を上に伝えたり上と下の調整をすることができません。

例えば1から5までやった方がいいかもしれないことがあるとします。まともな管理職は1と4はやらないなどやらないことを決めます。

ダメな上司は1から5全てを部下にやらせます。

そのため新人であっても膨大な仕事量を抱えます。

組織の問題

「若手が活躍」、「すぐに昇格できます」

こんな甘い求人の言葉に載せられて入社した人はいますか?

ブラック企業の特徴として人がすぐに離職するのがあります。

組織上人がすぐに辞めてしまう会社は若手を育てる余力がなく新人であっても多くの仕事をやらせる必要があります。

生産性が低い

これは自分自身の問題ですね。

新人レベルの仕事しか与えられていないにもかかわらず単純に仕事があまりできないのでいつまで経っても仕事が終わらないということです。

仕事ができる

中途採用の人に多いのですが例えば職種は経験があるけど業界未経験の場合。

この場合、中途半端に仕事ができる状況になります。なので、通常の新人に比べてより高度な仕事や多くの仕事が振られます。

結果、仕事について行けなくなり辞めてしまいます。

こんな時の対処法

こんな時は転職しましょう。

新人に大量の仕事を押し付ける会社はあまりよくありません。

新人を育てることができない会社に未来はありません。

今では転職が当たり前の時代になってきました。

世の中には無事にホワイト企業に転職して人生を変えた人がたくさんいます。

今、辛くてどうしようもない場合は転職をして人生を変えていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

ミカエル
何をやってもうまくいかづイライラしていたアラサーがブログに出会った。 アラサーが日々生きていく上で必要だと思ったことをゆるーく発信していくブログ 仕事、恋愛、お金についてが主な内容です。 占いの記事については人にお願いして体験談を集めてます。