嫌がらせを受けたときの思考法!倍返しの仕返し方法を紹介します。

困る人
世の中には嫌がらせに悩んでいる人がたくさんいます。
・職場の人間からの嫌がらせがうざい
・ママ友に頭のおかしい奴がいる
・恋愛関係で逆恨みされた
・ツイッターで有名になるにつれて誹謗中傷が増えた
上記のようなお悩みを解決できる記事をご用意いたしました。

嫌がらせをする人は学生時代からいましたが社会人になってからそんなことされると最高にむかつきますよね。

悩む人
なんとかこいつを黙らせられないかなー
と思ったことがある人も多いと思います。

実際に半沢直樹のように倍返しにできればスカッとしますが、「実際は無理だしな・・」と思っている方、大丈夫です。

この記事では嫌がらせを受けたときの思考法誰にでもできる仕返し方法をご紹介します。

あなたを困らせる人をやっつけましょう。

嫌がらせを受けたときの思考法

嫌がらせをされたどきに思わず「やり返したい」と思うときがあるかもしれませんが、相手の復讐が怖かったり、相手を傷つけるのに抵抗があったりして実行できない場合があります。

嫌がらせ自体は子供の頃からありましたが大人になってからの嫌がらせは、巧妙だったり、桁違いに悪質になったりします。

仕返しをしたい人の思考法

仕返しをしたいと考えている人は以下の順序で思考しているのではないでしょうか?

①嫌がらせを受ける
②我慢する
③また受ける
④我慢の限界、仕返ししたい
⑤復讐が怖い、相手を傷つけるのを躊躇
⑥また嫌がらせを受けストレスがたまる

復讐をするには相手の特性を知る必要があります。

基本的に嫌がらせをしてくる相手は次元の低い場合が多いので間違った方法で仕返しすると、あなたの予想通り報復を受けます。

まずは相手の特徴を知るところから始めましょう。

嫌がらせをする人の心理

あなたに嫌がらせをしてくるアイツは一体何を考えているのでしょうか?

それでは相手の心理を見てきましょう。

・他人を認められない
・モラルがない
・何かで恨まれている
・劣等感の塊
・承認欲求がある

他人を認められない

相手のいいところを認めることができずに、ターゲットとする人に自分よりいいところがあると蹴落とすことで頭がいっぱいになります。

このような人は相手の評価を落とすために粗探しや噂話に夢中になっています。

とにかく自分のターゲットの評判を落とすことに注力しています。

モラルがない

「他人に嫌がらせをしてはいけない」という子供の頃に教わったことが大人になってもできない人がいます。

このような人は人の気持ちを考える能力が欠如しているため平気で人を傷つけるようなことをしてしまいます。

ある意味、脳の能力が欠如しているのでかわいそうな人ですね。

何かで恨まれている

嫌がらせをする人は被害妄想が激しい場合があります。

例えばですが、あなたが誰かと付き合ったとします。しかしその女性は実はある男性から好意を寄せられていた場合、ある男性から嫌がらせを受ける場合があります。

実際、あなたが女性の方から告白されているにもかかわらずあなたがいなければ自分が付き合えたと勘違いしているためあなたに対して攻撃してきたりします。

そもそも、嫌がらせをするような人と付き合いたいと思う女性はいかがなものかと思いますが、、、

劣等感の塊

嫌がらせをする人の中には劣等感の塊のような人間が存在します。

嫌がらせする人
・アイツは自分よりモテるから気に入らない。
・収入で負けてるから嫌だ。
・隣の奥さんの方が幸せそうでムカつく。

嫌がらせをする人は他人が自分より優れているのを見ると激しく嫉妬します。

自分より幸せにそうにしている人に対する嫉妬心からくる嫌がらせはかなり醜いです。

承認欲求がある

承認欲求自体は誰にでもありますが、嫌がらせをする人はこれが極端に強い場合があります。

自分が認められたいがために自分よりうまくいっている人を蹴落とそうとします。

このような人は自分の能力を上げるよりもまず他人の足を引っ張ることを考えてしまう残念な人たちです。

嫌がらせしてくる相手に倍返しする方法

あなたに嫌がらせをする人はあなたよりレベルが低い人が大半です。

また、人生に対して充実感を感じることができず人の人生の邪魔をすることに時間と労力を費やす愚かな人です。

倍返しする時に一番やってはいけないのは相手と同じレベルの仕返しをするということです。

簡単に言えば、殴られたら殴り返すという感じです。

これをやってしまうとあなたが相手のレベルまで落ちてしまうので絶対やめましょう。

周りから同じレベルだと思われたら終わりです。

感情で心が支配されるのは動物の特徴

動物の喧嘩を見てください、噛まれたら同じように噛みつき返しますよね。

あなたは決して相手の動物並みの脳に合わせる必要はありません。

自分の感情が理性でコントロールできずに相手に嫌がらせしてしまうのは感情が理性にまさった状態なので動物と同じです。

あなたはペットの猫に引っ掻かれたからといって猫を引っ掻きませんよね。

今回も同じ対応が必要です。

最高の倍返しの方法は幸せになること

お待たせいたしました。

嫌がらせに対する最高の仕返しは

あなたが幸せになることです。

外国の有名な言葉を2つあなたに送ります。

・幸福に暮らすことが最高の復讐である

・復讐するとき人間はその仇敵と同列である。
しかし赦すとき彼は仇敵よりも上にある

あなたに嫌がらせをする人は何かしらあなたの成功を妬んでいます。

なのであなたが

・もっとお金持ちなる
・もっとモテる
・もっと周りから認められる

これこそが相手の心に一番ダメージを与えます。

レベルが違いすぎると人間は挑戦しなくなる

人間は勝てると思った相手に対して直接攻撃を仕掛けます。

例えば上司が部下に嫌がらせをしたり、ママ友同士で嫌がらせがあったり、、、

極端な話、例えばですがボクシングの世界チャンピオンはお金も名声も持っていますが彼らに対して嫌がらせをする人は少ないです。

なぜなら嫌がらせをする人は

嫌がらせする人
・アイツに手を出したら殺される
・アイツには絶対勝てない
と思っているからです。

最後には戦場はネットになる

直接戦っても勝てない相手に対しては嫌がらせをする人は匿名でネットで叩き始めます。

インフルエンサーもよく叩かれていますよね。

ネットでの嫌がらせに対して対応はまた別記事でお話しします。

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

人の復讐するとデメリットが多い

人に復讐するのはデメリットが多いです。

悪いことをした人に仕返しすると、自分も相手と同レベルになってしまいます。

人に復讐・仕返しすると、
・自分も悪い(ことをした)人になるでしょう
・第三者からは悪い評価を受けるでしょう
・自己嫌悪に陥るかもしれません
・問題が大きくなり、余計にイヤな思いをしやすくなるでしょう

こんなリスクを抱えてまで復讐したくないですよね・

ひどいことをした人を赦すのは難しいでしょう。
「こういう(ことをする)人もいる」
「こんな人のためにイヤな思いをするのは損だ」などと
考えて、まともに相手をしないようにできるといいでしょう。

平然としていることが、
相手への一番の仕返しであり、
自分の人間性を高めることもなりそうです。
何よりも、自分の心をあまり傷つけずにすむのではないでしょうか。

まとめ

嫌がらせをしてくる相手への最高の復讐方法は

自分が幸せになるということです。

これを実践して嫌がらせを乗り越えましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

ミカエル
何をやってもうまくいかづイライラしていたアラサーがブログに出会った。 アラサーが日々生きていく上で必要だと思ったことをゆるーく発信していくブログ 仕事、恋愛、お金についてが主な内容です。 占いの記事については人にお願いして体験談を集めてます。